履歴書に書く資格

履歴書はあなたに代わってまず企業に挨拶をして検討をしてくれるよう依頼してくれる優れものです。それゆえ自筆でしっかり自分をアピールするように書きましょう。履歴書を最大限に利用すればあなたにチャンスが訪れるかもしれません。

では企業は履歴書から何を見て判断材料としているかですが、企業側がどういう部署のどういう仕事をする人を募集しているかによります。最終的には本人のやる気であったり誠実さであったり、経験値や以前の仕事のジャンルや経験内容であったりする訳です。

企業側の募集する内容に合致する人であれば即戦力として使おうか、あるいは以前に経験した職種でなくとも人生経験の経験値でやらせてみようか、とする判断材料となります。

また企業側の狙いは、資格からどのような知識や能力があるか、どんな分野の仕事をしてきたか、これからはどの分野で活躍しようとしているか。今以上に勉強をしてキャリアアップを考えているか等みたいと思っています。

持っている資格を全部書いても意味がありません、一見今回の募集している職種には関係のないような資格であっても、いつ必要な時がくるかわからない様な資格は書いても良いと思います。持っているだけで役に立つ場合の資格もありますから、それは面接などで聞かれた際には話せばよいと思います。

ようは資格をたくさんもっている場合は必要と思われるものだけを書く事。関係がありそうだが必要かどうか分からない資格は一応書いてみる。また一切資格を取得していない人は、これまでやってきた仕事や活動や今回の募集している職種の知識があることをアピールするよう積極的に書くことが大切です。

そして自分の趣味や特技や志望動機を書く欄には、直接関係のないような事でも自己アピールできることは書いて、個人の資質をみてもらえるように進めるのもよいアイデアだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です