旅行好きであること

女性に人気のある仕事に、ツアーコンダクターがある。かつて添乗員と呼ばれていた職種だ。旅行の企画や各種の手配を行っている。パック旅行やツアーのお客様に、より快適な旅を提供できるよう、旅行中のすべての運営を取り仕切るのがメインの仕事だ。

業務内容は多岐にわたり煩雑だ。参加者の確認や空港での出入国手続き、ホテルの手配やそのチェックインやアウト、オプショナルツアーやレストランの予約などが主なものだ。勤務形態は、旅行会社の正社員で勤務するとか、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録して勤務するとかがある。

もしも、海外旅行のツアーコンダクターを希望するのなら、当然目的地の外国語をマスターしていることが必要条件である。これは、昔も今も変わらない。身につけておくスキルは他にもあるが、一番要求されることは、旅行好きであるということだ。

ツアーコンダクターは、国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の資格があれば有利だが、未経験者でも就業後に先輩のアシスタントなどをし、その経験を積んでからそれらの資格を取得するという道もある。

また、団体客などを引率して旅行するので、リーダーシップがあることが絶対必要条件だ。さらには、誰にでも感じよく接することや気配り、冷静な判断力も欠かせない条件だろう。旅先の史跡、文化、習慣などに精通していると仕事する上でプラスだろう。

旅行に同行することで、お客様と楽しさを共有しながら、直に仕事の生き甲斐を得られるのが、ツアーコンダクターという職種に人気が集まる大きな理由だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です